骨盤底筋を鍛えると、どんな美しいカラダになれるのか?②

昨日UPした
骨盤底筋を鍛えると、どんな美しいカラダになれるのか?①
の写真を見て、ご質問をいただきました。

「beforeとafter、逆じゃない?」
どうやら、その方は、腰のあたりの肉づきが、afterのほうがついているようにみえたので、そう思われたようです。もう一度UPしてみましょう。

骨盤底筋レッスンの変化1

この写真でご覧いただきたいのは、太ももの骨である大腿骨が骨盤にはまっている、大転子の周囲の変化です。(マイナス6cm)
そして、お尻の形が末広がりの下底が広い台形(骨盤が開いている状態)から、腸骨稜の方が大きい上底が広い台形に変化していますね。

でも、確かに腰回りが肉付きが良くなっているようにも見えます。

次の横から撮影した写真を見ていただければ、その秘密がわかります。

横向き

平坦で落ちていたヒップが、かなり上がったのがわかりますよね?
お尻をキュッと締めて、インナーユニットの筋肉を上に引き上げることができるようになったこと+施術で筋膜全体をググっと引き上げたことで、この魅力的なヒップラインに変化しました。

見方によっては、beforeのほうが痩せている、ともみえるかもしれないですが、実際はafterのほうが、お尻は小さく、身体の機能も上がり、パンツサイズは2サイズダウンしています。女性としても、魅力的なカラダになりましたよね。

おわかりいただけましたか?

今、パーソナルトレーニングによるダイエットや筋トレ流行りではありますが、ただ痩せるだけじゃなく、女性としての魅力を高めてくれるのが骨盤底筋トレーニングです。すでにされている筋トレやダイエットとの併用もおすすめです。5月から始まる全3回のレッスン、ぜひ一緒に頑張りましょう!

詳細・申込はこちら